世の中、沢山素敵な家具が売られていますが、いざ、自分の家、予算、理想に合う家具を探すと、なかなか見つからないものです。

 

DIYで家具を作るメリットは、自分の家のサイズや自分の用途に合った家具が手に入ること。とは言っても難しそう…、って思われる方、多いと思います。

 

それに家具職人になる訳でもないので、色々工具を揃えるのも微妙ですよね。でも、そんなシロウトさんでも簡単に家具が作れるよう、世の中には色んな便利金具があるのです。

 

その中でも有名なのが、アメリカのシンプソン金具。

 

上の写真のように、2×4材などで外に小屋やデッキなどを作る際に簡単に作れるよう考えられた金具ですが、もちろん家具にも応用できます。

 

丈夫で男前なルックスの家具が作れますよ。

 

シンプソン金具で簡単家具作成

 

私が使ったことのあるシンプソン金具は、タイプレートとアングル、そしてリジットタイです。我が家は天井が高いので、ラブリコ柱を立てるにも長さを継がねばならず、タイプレートにお世話になりました。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アングル A23 SIMPSON シンプソン金具
価格:110円(税込、送料別) (2021/3/1時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【メール便可】タイプレート TP37 SIMPSON シンプソン金具
価格:140円(税込、送料別) (2021/3/1時点)

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リジットタイ・コネクター RTR SIMPSON シンプソン金具
価格:164円(税込、送料別) (2021/3/1時点)

 

上は楽天のホームセンターブリコでの情報です。

 

下の写真は使用例、洗面所にラブリコで収納を作った時の一部の写真。タイプレートの小サイズで木を継ぎ、アングルを棚板受に使いました。見えないところなのでシール貼ったまま…(汗)

 

シンプソン金具 2×4 使用例

 

またこれは、台所用に作ったカウンターに引き出しをプラスしようとしている所の写真。後から支えになる脚をつけようということで利用しました。

 

シンプソン金具 2×4 使用例

 

ちょっと上の板と脚の隙間が気になりますが…(汗)後から変更したいけどバラす訳にも行かない時など、このような使い方も出来ます。

 

ちなみに私はフツーのなべネジや皿ネジ(!)なんかで留めてたりしてますが(汗)、本当は下のようなワッシャー木ネジが良いそうです。

 

 

 

 

アジャスターのメーカーも2×4材をつなぐ金具など出していますが、シンプソンが一番シンプルな作りで一番安い!オススメです!

 

シンプソン金具の良いところ

 

1)大抵のホームセンターで買える

シンプソン金具は少し大きめのホームセンターであればどこでも販売されています(全商品あるとは言えないかもですが)。なので手に取ってみることも、購入することも簡単!

 

2)値段が安い!

先ほども言いましたが、なんと言ってもお値段が安くてお財布に優しい。ホームセンターなどではバラ売りされていますので、1個からでも買うことが出来ます。

 

3)丈夫で安心

薄い鉄の板で出来ている金具で、そもそも小屋やデッキを作るためのものですからすごく丈夫!

 

4)使い方が簡単!

使い方は簡単、ビスで留めるだけ!それだけで、部材を90度や45度にしっかり固定出来ちゃうので初心者でも心配なし!ホームセンターで木材をカットしてもらえば、必要な工具はドライバードリルだけです。

 

5)使い方無限大

家具や屋内の造作から屋外の小屋に至るまで、色々なものの製作に使えちゃう懐の深さも魅力です。

 

6)無骨なところがカッコいい

普通家具などは金具が見えないように製作しますが、シンプソン金具は丸見え。でもそこがまた男前でカッコ良いのです。デザインの一部にもなります。