前の家はありふれたシングル向けの1Kでした。2畳弱の廊下が、玄関と脱衣所と台所を兼ねており、風呂場と洗面台とトイレと洗濯機と隣の部屋に接していたのです。それがどんなにカオスか、ご想像の通りでございます。

ですから、この新居は私にとっては素晴らしい新天地なのです!なんと!洗面所というものがある!

しかし、悲しいかなやっとの思いで手に入れた洗面所も、やはり難ありなのでございます。

突撃!隣の晩ごはん洗面所

やっぱり狭い

人は新しく良いものを手に入れても、すぐまたもっと良いものが欲しくなるものなのでございます。

元々持ってた洗濯機(下の写真のもの)が4.2キロ。前の家は仏壇用スペースみたいな狭いスペースが洗濯機置き場で、この程度のサイズしか入りませんでした。いくら一人でも4.2キロは少ないです。マイヤー毛布を1枚入れたらギュウギュウ!本当に洗えてるのか分からない。

でも今度は洗面所があるから、洗濯機壊れ気味だし買っちゃおうかな、と引っ越し前に考えたのですが、節約の為断念。しかし入れてみたら!ガーン!これより大きいサイズは入らないじゃん…。

洗濯機置き場が二槽式洗濯機の奥行きしかないのです。平成ってまだ二層式の時代でした??違う気がするんだけど…。なので、洗濯機を入れるとトイレの扉が!

また4キロ台を買うしかないのか?しかし後日結局洗濯機壊れまして…。その時のお話はこちらでどうぞ。

洗濯パンがないのも不安で、置きたかったのですが、やはりトイレのドアに引っかかる為断念。洗濯機のホースがこんな風にむき出しなのも怖い感じだし、邪魔です。

洗面所 洗濯機 排水

洗面台が古い

奥行きが狭すぎるので、新しいタイプのものが入らなかった模様です。

古いのは仕方ないとして、洗面台がやたら低い!自分の股の位置より低い!昭和40年代頃の日本人って、こんなに背が低かったのか…とか一瞬思いましたが、平成築でした。

そして奥行きも幅もない!だから上の収納兼鏡の出っ張りがかなり邪魔い。毎朝洗面台に首を突っ込むようにして洗っております。

ちなみにトイレの便器もやたら低い!便座までの高さを測ってみたら、36.5cmでした!会社のは41cm。5cmも違うと見た感じからだいぶ違い、座るときもなんか不思議な感じ…。慣れましたけども。

次のページ まだまだ愚痴は続く…