私の炊飯器は実家から持って来た、誰がいつどこで買ったのか不明という代物…。

 

お米が美味しく炊けるとか、そんな上等ではありません。ご飯やおかゆが炊けて、保温出来て、タイマー予約出来る程度のもの。しかし、この数年(!)炊き込みご飯やおかゆは炊けなくなっていました(笑)。

 

それでもしつこく使い続けていましたが、突然、やっぱもう諦めるか、と思いまして…。次の炊飯器どれにしよう…、と探しておりまして、考えたのが電気圧力鍋!

 

どんなものかレビューしてみました。

 

炊飯器をやめて電気圧力鍋を買ってみた

最近は炊飯器で色んな料理をするのが流行っております。私も炊飯器の保温機能を使い、で麹の甘酒やローストビーフを作ったりしておりました。

 

なので炊飯器でも結構使えるとは思うのですが、以前圧力鍋を持っていて、結構良かったし、炊飯器代わりにもなるので、狭いキッチンにぴったりということで電気圧力鍋にすることに。

 

圧力鍋として使えるのはもちろんのこと、タイマーもついてて予約炊飯も出来る!私、弁当持参で仕事に行くため、予約炊飯は必須。

 

お店でみるとサイズも随分とコンパクト(容量2リットルの場合)。我が家の自作のオープン棚にも載せられる!ということでこれに決めました!シロカの電気圧力鍋

 

 

バルミューダ的なオシャレ感はありませんが、素朴で可愛いような???

 

 

シロカの電気圧力鍋で調理してみました

さて、本題の実力です。

 

シロカの圧力鍋は、内蔵メニューが5種類(白米・玄米・カレー・ポトフ・肉じゃが)です。59種類のレシピのついたクックブックがついてきます。無水調理も可能です。

 

容量は2リットルと4リットルの2種類。私のは2リットルで、お米が3合炊けるくらいです。なので鍋として使うには結構小さい感じです。

 

これはかぼちゃを蒸してみたときの写真。かぼちゃ8分の1個分くらいです。

 

電気圧力鍋 蒸す

 

中に付属の台を置き、水を200cc入れ、キッチンペーパーの上にかぼちゃを載せます。これを蒸すのに加圧時間はたったの1分!写真が良くないですが、出来上がりはこんな感じ。

 

電気圧力鍋 蒸す

 

芋やかぼちゃを電子レンジで加熱すると端が硬くなったり、サイズによって火の入り方が若干違ったり、ムラがあったりしますが、電気圧力鍋ならそんな心配は無用です。

 

こちらはとうもころし!2本は1度に蒸せない感じですね…。かぼちゃと同じように加圧時間4分!

シロカ 電気圧力鍋 

 

 

シロカ 電気圧力鍋 

 

美味しく蒸せました!ブロッコリーなど柔らかめなものは火が通り過ぎてしまうので出来ません。

 

また、お米も美味しく炊けます。以前3合炊きの炊飯器を持っていましたが(5000円で買った)、その炊飯器でお米を炊くとすごくマズくて!

 

ちゃんと日本のメーカーのだったんですけどね。釜が薄かったので、そのせいかな?と。なので炊飯器、釜の厚みって大切なのね、って知ったわけですが、こちら、釜の厚みも結構あるせいか、写真はパッとしませんが(汗)美味しく炊けますよ!コレは白米と発芽玄米を半々で炊いています。

 

シロカ 電気圧力鍋 炊飯



圧力鍋の使用上の注意

圧力鍋は、まんまですが圧力が掛かるので調理出来ます。なので、米や豆など調理で膨らむものは要注意!多く入れすぎると鍋の中で膨らみすぎ、圧力が強くなってしまいます。

 

昔圧力鍋で黒豆を炊いた時やってしまったことがありました。蒸気口から湯が吹き出して、そこらじゅう煮汁だらけに…。どうしようもないので、吹き終わるまでぼんやりと眺めていました…。

 

豆を煮る時は分量に十分気をつけて下さい。気をつけれ入れば、豆が柔らかくすぐ煮えるのでオススメです。

 

ちなみにルウの入ったカレーなどトロミのあるものも、蒸気口を塞ぐ可能性があるので不可です。ルウを入れたい場合は、全て調理し終わった後で、粉末タイプのルウを溶かすだけ(加圧はしない)にします。

 

電気圧力鍋の良いところ

さてここからは一般論。電気圧力鍋の良いところは、音が静かなところ!フツーの圧力鍋を使ったことのある方はご存知と思いますが、圧力鍋は圧力掛けてる間じゅう蒸気がプシュプシュ言ってます。

 

しかし、電気圧力鍋の場合はそれがほとんどありません。なのでとっても静かなのです!そして、調理後に圧力のピンを抜かないので、ブッシューーーーツと蒸気が吹き出して怖い!ということもありません。

 

電気圧力鍋のイマイチなところ

電気圧力鍋を使うと短い時間で食材が柔らかく蒸せたり煮えたりするのは事実です。が、「1分」でかぼちゃを蒸せるかというと、そうではない。

 

一緒に入れたお水が沸騰して蒸気が出て圧力が掛かるまでに数分、加圧が終わって圧力が自然に抜けるのにまた数分…、と掛かるので、割と時間は掛かります。

 

これ自体は仕方がないんですけど、電気圧力鍋は「時短」が強調されすぎているかなと思います。

 

 

シロカの電気圧力鍋の注意点

さてここからまたシロカのこの製品に戻ります。この製品を買って最初にお米を炊いたとき、エラーになりまして!うまく炊けなかったんですよね。

 

その理由がはじめイマイチわからなかったので、お米が炊けないのか???と凄くがっかりしたのですが、理由は内蓋にありました。

 

内蓋にぐるりとパッキンがしてあるのですが、蓋を閉めた時にそのパッキンがちょっとズレることがあり、それで蒸気が漏れてしまっていたのです。

 

レビューを見ると、パッキンについての意見が多いので、これはこの製品の作りの問題に思えます。蓋を閉める前に内蓋+パッキンがちゃんと収まっているか、必ずチェックしましょう!

 

また、蓋の外側もチェック!蓋を閉めたら、写真にあるピンクのロックピン(上)が引っ込んでいること、左側のつまみが「密封」を指しているのを確認して下さい。

シロカ 電気圧力鍋 注意点

 

こうなっていないと、蒸気が抜けてしまい、圧力が掛からず、失敗します。

 

 

シロカの電気圧力鍋の残念なところ

これは私にとって残念という意味ですが、一般的な炊飯器のように、使い手の都合で保温設定する、ということが出来ないところです。

 

保温機能は、白米・玄米を炊いた後は炊き上がりから12時間、カレー・ポトフ・肉じゃがは調理後から1時間連続保温されます。保温機能を単独で使用する(甘酒作りなど)は出来ません。残念!

 

シロカ以外の電気圧力鍋

もちろんシロカ以外にも魅力的な電気圧力鍋がいろんなメーカーから出ています。

 

エスキュービズムエレクトリック

 

最近は白物家電も見た目が命!!電気圧力鍋らしからぬ見た目がカッコいい!黒、ネイビー、レッド(茶)の3色あります。

 

アイリスオーヤマ

こちら、私の欲しかった発酵調理機能付きなので、甘酒やヨーグルトも作れます。無水調理、低温調理も可能。

 

ティファール クックフォーミー

世界で初めてテフロン加工のフライパンを発売した、老舗お鍋屋さん?ティファール。ティファールの電気圧力鍋は色々ありますが、クックフォーミーは中でも一番大きなもの。

 

容量は6人分、内蔵レシピはなんと210種類!お料理好きにはこちらかも?見た目もユニーク(笑)なんかロボットっぽくないですか?

 

 

 

電気圧力鍋は一台何役もこなせて、狭い台所にはピッタリです。皆さんもお試しあれ!